★お役立ちeメール文例

◆手紙・ハガキ・FAX・メール「ビジネス文書」書き方必携マニュアル

フリーメールと有料メール

電子メールは、有料メールフリー無料メールがありますね。

お金を払ってeメールアドレスを取得するのが有料メールで、ocnniftyなどがその代表例です。ocn、niftyは、加入者には契約時に基本メールアドレスが付いてきますが、その料金は毎月の使用料の中に含まれています。追加のアドレスがほしい場合には、別途料金が必要になります。有料メールは、お金がかかりますが、管理がしっかりなされ、安全で確実なメール手段なので、ビジネスでは、有料メールが使われています。

一方、yahoo(ヤフー)、gooinfoseekホットメールなどの無料メールも、日常のメール手段として、一般化しています。インターネットから、いつでも、誰でも、また複数アドレスの所得も可能だからです。

但し、無料メールは、必ずしも、安全・確実なeメール送信手段ではありません。たまに、メールが届かなかったり、遅延したり、センターにつながりにくいなどの、短所、問題があります。長期間使わなければ、解約されるケースもあります。

ビジネス、日常で大切なメールの送受信を行う場合には、有料メールを、少しくらいのリスクがあっても差し支えない場合には、無料メールを使用するなど、メールの長所と短所、問題を考慮に入れて、選択することをおすすめします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。